充実した教育制度が魅力の大学病院 看護師 転職先の仕事先を考えよう


・充実した教育制度が魅力の大学病院。


特定機能病院の大学病院には、普通の病院では診られないような重症な病気、高度専門医療が必要な患者さん、難病などの稀な病気の患者さんがやってきます。
なのでいろいろな症例を経験することができます。知識の幅を広げたいと考えている看護師にはとても得るものの大き職場が大学病院です。
また、大学病院は大学という教育機関なので教育制度が充実しています。
ただ残念な事に多く大学病院は看護師の採用は年度ごとに決まっていて4月のみ採用というところがほとんどです。採用の時期や方法は早めのチェックが必要です。
一度の採用人数は多く100人単位です。多くの看護師が採用されるので、新卒、中途あります。
ほとんどの大学病院では就職説明会やインターンシップが用意されていて仕事をする前に実際に働いている看護師の話が聞けたり、職場の雰囲気を体験できます。
研修医などの若手医師も多いので、注射や点滴などの手技をする機会が少ないという話も聞きます。役割分担をプラスととるか技術が向上しにくいとマイナスに考えるかは個人によります。
経験が詰めるので勉強になりますが忙しいという話もよく聞きます。急患や手術が多いのでシフト通りには行かなかったり、委員会や勉強会、新薬にかんする説明が多いといった看護業務以外の理由で残業があります。ただ給料や福利厚生は他の病院に比べて恵まれているようです。