看護師 転職先の仕事先を考えよう

看護師資格を活かして働ける所は広がっています。せっかくですからどういう可能性があるか考えてみよう。

病院はもちろん病院以外の選択肢もあります。

まずは病院に転職することを考えてみよう。
病院といってもいろんな病院があるので、どんな病院を選ぶかで仕事の内容、一緒に働くスタッフも大きく変わってきます。どんな病院で働くかを考えるもの大事ですが、病院以外で看護師が活躍できるとこはたくさんあります。
今は高齢者を中心にした医療が病院から在宅へシフトしています。その中で期待されているのが訪問看護師です。訪問看護ステーションの場合、管理者は看護婦になります。
また老人ホームなどの介護施設も積極的に看護師を採用しています。看護力を売りとして施設に入るを多くしたいのです。
介護や医療に関心を持っているのは病院や介護施設だけではありません。一般の企業でも今後の高齢化をそなえ医療、介護分野に進出を考え商品、サービスの提供を考えています。そんな企業にとって看護師は貴重な存在になります。

充実した教育制度が魅力の大学病院
特定機能病院の大学病院には、普通の病院では診られないような重症な病気、高度専門医療が必要な患者さん、難病などの稀な病気の患者さんがやってきます。

中核病院
幅広い患者さんが集まり、採血や点滴をはじめとした手技や処置を看護師が行うことが多いのでとても忙しい職場です。

 

一般病院

大学病院、地域医療病院などの中核病院と違って、急患よりはむしろ緊急状態を抜けた患者さんを在宅につないだり、大学病院と地域の診療所との間に立つ病院です。
一般病床に加えて、療養病床を持つケミックスの病院も多い。
検診や人間ドック、生活習慣病の予防をはじめ、地域とのつながりに力をいれる病院も多く、地域に密着した職場です。
また、大学病院や地域の中核病院などのバリバリの緊急病院に比べると平均入院期間も長く、一人ひとりの患者さんと向き合う時間が長くなりがちです。地方の中小規模の病院では看護婦が不足しているところも多く、希望通りに休みを取りにくい、一人ひとりにかかる負担が大きいといたことも聞きます。
こうした中小規模の病院は、大規模な病院に比べ給料が安いと言われます。給料の高さをとるか、仕事量をとるかの優先順位を考えて活動しましょう。